障害認定

交通事故で怪我をしてしまい、一定期間の治療をしても治らないことを後遺症と言います。交通事故では保険会社が保険金を支払うので、後遺症であればどんなものでも必ず保険金が支払われるというわけではありません。保険金が支払われるには単なる後遺症ではなく、後遺障害として認められる必要があります。交通事故のあと、一定期間治療を行っても後遺症をもたらす場合、これ以上治療してもよくなる見込みが無いということになると症状固定として扱われます。この症状固定が認められたあとに自賠責に対して後遺障害等級の認定申請をし、自賠責によって等級認定された場合、後遺障害が残ったということになります。後遺障害の種類を説明しているサイトがありますので参考にしてみてください。

けがが完治せず,症状固定となった後に残る障害で,医師による後遺障害診断書などに基づいて等級認定を受けたものを後遺障害と呼びます。交通事故で,主に認定される後遺障害を紹介します。

後遺障害等級は1級から14級まであり、それぞれ区別されます。一つの等級のなかでも症状別にいくつもの項目にわかれており、そのどれかに該当すれば等級の獲得を行えます。後遺障害等級認定の申請方法には事前認定と被害者請求の2通りがあります。事前認定は保険会社が全ての手続きを行うもので便利なのですが、相手側の保険会社がすべて手続きするのでどこまで綿密にやってくれるかという問題があります。被害者請求は自らが主張する書面で申請するので、より綿密な申請を行えますが逆に抜けがあった場合、等級認定されないということもありえますので注意が必要です。そのようなことを防ぐためにも弁護士への相談が有効な手段となります。