弁護士に相談

後遺障害申請について有利な認定結果を得るためには万全な準備が欠かせません。しかし個人で全て行うには知識などの面でどうしても限界があります。そこで後遺障害の認定実務に詳しい弁護士に相談することによってご自身の負担を減らし、より有利な認定結果を得ることが期待できます。被害者の後遺障害の判断が微妙となるケースの場合は特に後遺障害申請のために万全な準備を行うことが有利な認定結果を得るための重要なポイントとなります。適切な後遺障害診断書を主治医に作成してもらうことが、その準備において最も大切であると言えます。弁護士に依頼した場合、後遺症のないところから必要な検査が行われているかどうかをチェックし、主治医に追加の検査依頼をしてもらうことも可能です。被害者本人から主治医に後遺障害診断書の記載内容についての要望を伝えることは立場上難しい事が多いですが、弁護士を介すことによって診断書作成上の要望を伝えてもらうことが可能となります。

また、自賠責に被害者請求する上で、被害者本人でさまざまな資料を集める必要がありますが、弁護士に依頼をすることで必要書類を代わりに集めてもらうこともできるので、そのような点も弁護士に依頼するメリットであると言えます。

障害認定

交通事故で怪我をしてしまい、一定期間の治療をしても治らないことを後遺症と言います。交通事故では保険会社が保険金を支払うので、後遺症であればどんなものでも必ず保険金が支払われるというわけではありません。保険金が支払われるには単なる後遺症ではなく、後遺障害として認められる必要があります。交通事故のあと、一定期間治療を行っても後遺症をもたらす場合、これ以上治療してもよくなる見込みが無いということになると症状固定として扱われます。この症状固定が認められたあとに自賠責に対して後遺障害等級の認定申請をし、自賠責によって等級認定された場合、後遺障害が残ったということになります。後遺障害の種類を説明しているサイトがありますので参考にしてみてください。

けがが完治せず,症状固定となった後に残る障害で,医師による後遺障害診断書などに基づいて等級認定を受けたものを後遺障害と呼びます。交通事故で,主に認定される後遺障害を紹介します。

後遺障害等級は1級から14級まであり、それぞれ区別されます。一つの等級のなかでも症状別にいくつもの項目にわかれており、そのどれかに該当すれば等級の獲得を行えます。後遺障害等級認定の申請方法には事前認定と被害者請求の2通りがあります。事前認定は保険会社が全ての手続きを行うもので便利なのですが、相手側の保険会社がすべて手続きするのでどこまで綿密にやってくれるかという問題があります。被害者請求は自らが主張する書面で申請するので、より綿密な申請を行えますが逆に抜けがあった場合、等級認定されないということもありえますので注意が必要です。そのようなことを防ぐためにも弁護士への相談が有効な手段となります。

交通事故での後遺症

誰しも交通事故には遭わずに暮らしたいですが、テレビのニュースを見ても連日のように交通事故の情報を目にします。このようなニュースをみて、交通事故なんて他人事として捉えているという方も多いでしょう。また、なかには実際に過去、交通事故の被害に遭ったことがあるなんていう方もいらっしゃるでしょう。交通事故の被害に遭ってしまった方のなかには、交通事故に関する具体的な知識を持っておらず、突然の出来事に動揺してしまい、あまり深く考える間もなくいろいろな手続きがなされてしまったというケースも多く存在するでしょう。例えば交通事故の示談金などに関しても、日頃から知識を有しているという方は少ないので、いざ交通事故の被害に遭った際、はじめて真剣に考えるという方がほとんどなのではないでしょうか。

交通事故の場合、大きな問題として後遺症の問題があります。その場で症状として表れる病気もあるのですが、あとになって発覚する症状の場合もありますし、交通事故で負った怪我が一定期間の通院を経ても完治しないということもあります。広くこのようなものを後遺症と呼ぶのですが、保険金などの観点から考えた場合、それが単なる後遺症と呼ばれるものなのか、それとも後遺障害と呼ばれるものなのかで、支払われる金額に大きな差が出ます。やはりそのような場合には専門の弁護士への相談をするのが良いでしょう。当サイトでは交通事故の後遺症について役立つ情報をお伝え致します。ぜひお役立て下さい。