弁護士に相談

後遺障害申請について有利な認定結果を得るためには万全な準備が欠かせません。しかし個人で全て行うには知識などの面でどうしても限界があります。そこで後遺障害の認定実務に詳しい弁護士に相談することによってご自身の負担を減らし、より有利な認定結果を得ることが期待できます。被害者の後遺障害の判断が微妙となるケースの場合は特に後遺障害申請のために万全な準備を行うことが有利な認定結果を得るための重要なポイントとなります。適切な後遺障害診断書を主治医に作成してもらうことが、その準備において最も大切であると言えます。弁護士に依頼した場合、後遺症のないところから必要な検査が行われているかどうかをチェックし、主治医に追加の検査依頼をしてもらうことも可能です。被害者本人から主治医に後遺障害診断書の記載内容についての要望を伝えることは立場上難しい事が多いですが、弁護士を介すことによって診断書作成上の要望を伝えてもらうことが可能となります。

また、自賠責に被害者請求する上で、被害者本人でさまざまな資料を集める必要がありますが、弁護士に依頼をすることで必要書類を代わりに集めてもらうこともできるので、そのような点も弁護士に依頼するメリットであると言えます。

Pocket